前のめりで体操する姉ちゃんと擦り切れたミサンガ

ピエロの満ち足りた表情
「教え子」に関して本を書く事になったら、どういったことを調べる?「サイクロン」の成り立ちなんかだろうか。それとも、個人的な観点からくる意見だろうか。

自信を持って叫ぶ妹と枯れた森

村上春樹のストーリーが楽しいと、周りの人々の話を聞き、読破したのがノルウェイの森。
これは、日本国内外で大勢の人に読まれ、松山ケンイチさん主演での映画も公開された。
彼の本は、面白く、サクサクと読めてしまう所が好きだ。
直子と緑との2人の女性の間でゆれる、ワタナベは、実際、生きる死ぬの世界でゆれているように感じる。
そのテーマをのぞいてみても、2人の女性は魅力があると思った。
そして、キズキや永沢さんやレイコさんというスパイスが加わる。
全員魅力がありどこか変わっていて陰の部分を持ちあわせている。
随分前に知った作品だが、読みたいかも!と思い、開いたことが何回もある作品。
主人公のワタナベは直子に、お願いをふたつ聞いてほしいと頼まれみっつ聞くと答える。
さすが村上春樹と思ったシーン。
そして、直子が幸せ者に見えた。

目を閉じて体操する母さんと横殴りの雪
急速にネットが必需品になるとは、幼かった自分にはよくわからなかった。
物を売る業界はこれから先難しいのではないかと思う。
ネットを活用し、どこより安価な物を探すことが不可能ではないから。
競争が活発になったところでこのごろよく目立つようになったのがネットショップ成功のためのセミナーや商材販売だ。
最近、手段が売れるようにな時代で、何が何だかわからない。
手段が目的化してしまいそうだ。

自信を持って踊る子供と俺

個人のほとんどは水分という調査もありますので、水分摂取は一人の人間の基盤です。
水分摂取を怠ることなく、一人一人が健康で楽しい季節を満喫したいですね。
輝く光の中より蝉の鳴き声が聞こえてくるこの時期、普段外出しないという方も外出したいと思うかもしれません。
すると、女の人だと日焼け対策に関してマメな方が多いかもしれません。
夏の肌のスキンケアは夏が過ぎた時に出るという位なので、やはり気になってしまう部分ですね。
そして、誰もが気を使っているのが水分摂取に関してです。
もちろん、いつも水分のとりすぎは、あまり良くないものの、暑い時期は例外の可能性もあります。
なぜなら、多く汗を出して、知らない間に水分が出ていくからです。
外出した時の自分自身の体調も関係あるかもしれません。
ひょっとすると、自分自身が気づかないうちにわずかな脱水症状や熱中症にかかる可能性もあるでしょう。
夏の時期の水分補給は、次の瞬間の健康状態に表れるといっても言い過ぎにはならないかもしれません。
少し外へ出る時も、小さなものでオッケーなので、水筒があったらとっても便利です。
個人のほとんどは水分という調査もありますので、水分摂取は一人の人間の基盤です。
水分摂取を怠ることなく、一人一人が健康で楽しい季節を満喫したいですね。

湿気の多い週末の夕方に熱燗を
某有名芸能人が突然引退表明!!することで、テレビで大量に報道しているが、めちゃめちゃすごいです。
次の代表がどなたに決まるかという話より報道でも番が前だったし。
どのような人が日本の首相になろうが変わらないって考える方も非常に存在するし、そんなことより大物お笑い芸人が芸能界をびっくりするほど突然引退というほうが何かしら影響がでるということですかね。

雹が降った日曜の夜にお菓子作り

とある雨の日のこと、少年はママからお使いをおねがいされ、はくさいとネギとぶた肉を買いに行く途中だった。
少年はほくそ笑んだ。
今日はお鍋だ!やったぜ!…と。
だが、彼への試練はその時起きた。
なんと、ポケットに入れていたおつかいのための千円札2枚が、無いのである!
少年はスーパーマーケットのレジに並ぶ前に、大丈夫だよね、とポケットの中に手を入れて確認してみたのだ。
そしてその瞬間、お金がどこにも無いことに気が付いたのだ。
怒られるのを覚悟して、少年はしかたなく手ぶらで家へ向かうことにした。
今度からは、お金はクツの中かくつ下にしまおう。
少年は奥歯をかみ締めながら、そう決心した。

月が見える週末の午前に食事を
time is moneyとは、見事な格言で、だらだらしていると、見事にすぐに自由な時間が過ぎていく。
もっともっと早く勉強も提出物も終了すれば、そのほかの事に必要な時間を回すのに。
部屋の整理をしたり、ウォーキングしたり、料理にチャレンジしたり、文庫本を読んだり。
そう思ったので、最近はシャキシャキ取り掛かろうと努力しているが、どれくらい続くのか。

雨が降る火曜の夕方は座ったままで

「今日の夕食はカレーよ。」
少年は母親のその発言を耳にして、無意識に顔をほころばせた。
少年は学校から帰って、リビングでテレビを見ているところだった。
今日は格別に西日が強い。
網戸の窓では風鈴がときどき鳴っていた。
テレビのアニメチャンネルでは、かつての懐かしいアニメをやっていた。
今日のアニメは「一休さん」だ。
一休さんみたいに聡明な坊主がいたら、テストは満点取るんだろうか、と少年は考えていた。
でも、調理場からカレーの香りが香って来たとき、少年はテレビのことは頭から飛んでいってしまった。

陽の見えない大安の朝に熱燗を
友達のちかこは賢い。
頭が良いんだなーと思わされる。
あまり人を悪く言ったりはしない。
何コイツ!?と感じても、とりあえずその人の考えも酌む。
ということから、考えが膨らむし、我慢強くなれるのだ。
意見を貫くよりも、この方が知佳子にとって気分がいいのかもしれない。
自分が傷つかない方法、起こったことを次回の糧にする方法をよく理解している。

凍えそうな大安の明け方に足を伸ばして

とある夏の日の昼前。
少年は家の庭で、アリの行列が虫の死体をせっせと運ぶところを観察していた。
アリ達は一生懸命働いているのだが、虫の死体一つでこんなにたくさんのアリがいても、意味が無いんじゃないのかと、少年は首をかしげた。
少年は、蟻たちに砂をかけたらどうなるかな、という欲求が湧いてきた。
だが、今日のところは何もせず観察し続けることに決めた。
真夏だったので、少年の汗は頬を伝い、とめどなく地面に落ちた。

天気の良い水曜の朝にお菓子作り
業務で着用するスーツを買いに向かった。
コムサ等フォーマルなお店も良いけれど、ギャル系のお店も悪くないと思う。
華やかで元気な女性向けの服屋で体にフィットする製品が多い。
値段はテナントによって違いがあるのはもちろんだが、大体は安め。
中で、製品を選んでいたが、細身の物ばかり置かれていた。
着た感じも、少しはあか抜けているように見えるような気がする。
良いショッピングができて、とてもうれしかった。

◎サイト内メニュー

◎サイト内メニュー

Copyright (c) 2015 ピエロの満ち足りた表情 All rights reserved.